お母さん方からの声

園生活をイメージしやすいように、在園児や卒園児のお母さん方に、
入園に際してのエピソードや実際の園生活に対する感想をお話していただきました。

この幼稚園がいい!!と思う瞬間

2019年卒園児母

初めて見学で幼稚園に来た日が昨日の事のように感じます。学年関係なく遊ぶ子ども達や、一緒に泥んこになって遊ぶ先生、私と息子の周りに「絵本読んで」と集まってきた人懐っこい子達、自分が作った大作のレゴを息子が壊してしまったのに「大丈夫、大丈夫!」と言ってすぐに直してくれた年長のお兄さん。

建物は古いですが隅々まで綺麗に掃除されていて、園庭も少し狭いですが、そんなことはお構い無しに笑顔で走り回る子どもたちの姿。この幼稚園がいい!!と思う瞬間がいくつもありました。

入園してからも私だったら見過ごしそうな息子の小さなエピソードを話して下さったり、心配事があると親身になって聞いて下さったり、先生方は、子ども達はもちろん、お母さんにも手厚く接して下さいます。フェスティバルの製作品やクリスマス製作、お誕生日会などお母さんが積極的に関わる事が多いかもしれません。でも、頑張って作った物を子どもが手にした時の喜ぶ顔を見れば、大した事ではないと思います。幼稚園は自分で選べるからこそ、数ある幼稚園の中からこの園を選んだ他のお母さん達とも、考え方や価値観も似ている気がしています。

毎日お友達と喧嘩して、泣いたり笑ったり怒ったり忙しい息子ですが、「小学校に行きたくないよー、ずっと碑文谷幼稚園がいいよー」と言っています。私も同じ気持ちです。あっという間に残り半年の幼稚園生活になってしまいましたが、この園でできた最高の友達と先生方とたくさんたくさん楽しい思い出を作ってくれたらいいなと思っています。




子どもたちのことをいつでも一番に

2018年卒園児母  

今回の次男の入園に際して、またこちらの園にお世話になることに何の迷いもなかったほど、長男がお世話になった三年間は親子共にあたたかく喜びに満ちた日々でした。碑文谷教会幼稚園には、延長保育も、園バスもありません (※延長保育は2019年度より実施)。 入園時の慣らし保育期間も少し長めだったりと、預ける側のお母様方にとって便利な点は少ないかもしれません。ただ、それらはすべて保護者の「楽さ」優先ではなく、あくまでも子どもたちのことを一番に考えた結果です。 私は、碑文谷教会幼稚園の最大の特徴は、一人ひとりの子供に寄り添ったきめ細やかな保育だと思っています。

保育参観の仕方も特徴的です。 あくまでも普段の様子を見て欲しいという考えから、一日2、3人ずつ、廊下や壁に隠れながら参観します。 こうした、園児に無理をさせない、自然な姿が一番といった姿勢は随所に見られます。
次男が入園して二ヶ月が経ちましたが、何の不安もないようで、毎日とても楽しそうに健やかな笑顔で通っています。 その様子を見ていると、改めてこちらの園と出会えてよかったなぁとしみじみ思います。
幼稚園選びは、その三年間を親子でどう過ごしたいのかによってかなり選択肢が変わってくるとは思いますが、お子さんの成長を目に焼き付け、じっくり味わいたい親御さんには自信を持ってお勧めします。

みんなで子育てできる園

在園児母 

『今日幼稚園で○○ちゃんと遊んだんだよ!明日も一緒におままごとするの!』幼稚園から帰宅した年少の娘が、楽しそうにその日の出来事を主人に話している姿。この様な光景がすぐに見られるとは、入園前には想像することが出来ませんでした。 以前習い事や地域の活動に参加していた時は、緊張して輪に入る事も出来ず、話しかけられるとそっぽを向いてしまう娘だったからです。 幼稚園を決める際は、そんな娘が出来るだけ萎縮せず過ごせるようにと少人数保育であることを第一に考えました。

碑文谷教会幼稚園の先生方はそれだけでなく、しっかりとした優しさのもと、子供達一人一人が無理せず過ごせる安心感も与えてくださっています。 この安心感は園児だけではなく、保護者全体にも伝わっています。

秋に行うフェスティバルに向け保護者皆で商品を作ります。手先が器用ではない私はドキドキしていましたが、先輩保護者達が優しく、気さくに声をかけて下さったお陰で無理なく、和気あいあいと製作することができました。 全てを手作りすることは決して楽なことではありませんが、一生懸命作った作品を、嬉しそうにお買い物する子供達の姿を想像すると『見せる保育ではない』とおっしゃっていた先生の言葉が思い出されます。

その言葉は日を増すごとに感じられ、"子供のために"とは何なのか、慌ただしい毎日の中で見失いかけていた一番大切な事を気づかせてくれる、そんな幼稚園だと感じています。まだまだこれから3年間、親子共に学んで成長していけることが楽しみです。